月別アーカイブ: 2018年1月

いい環境へと変えていきます

結構、有名ですが、乳酸菌を摂り込むと様々な良い結果がもたらされます。

善玉菌を数を多くして悪玉菌の数を抑え、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。

その結果として、免疫の力がアップし、たくさん健康に対する効果を得られます。

アトピーに良い効果があったり、インフルエンザにも予防の効果があります。

乳酸菌は身体の健康を促進する働きかけが高いとされています。

娘のインフルエンザ対策の接種に受診しました。

注射の瞬間は痛そうで、怖くて見ないのに、娘はまだ6歳だが、注射をしっと見て注射を接種しています。

注射が終了した後は怖かったーと表現していました。

見ているからなおさら怖いんじゃないかな?と感じましたが、あまり話せませんでした。

1歳から5歳くらいの幼児がインフルエンザ感染し、熱が出た後、突然けいれんや異常行動、意識障害などの症状が出るのがインフルエンザ脳症というものになります。

インフルエンザ脳症とは、命にも関わる大変な疾患であり、回復した後に後遺症が残るケースもございます。

ところで、乳酸菌と聞いて連想されるのはカルピスですよね。

子供のころから、日々飲んでいました。

それは乳酸菌があるからです。

毎日お母さんが、朝食に用意してくれました。

そのわけで、私は便秘の経験がありません。

カルピスのおかげで大変健康になりました。

便秘解消に役立つものといわれているのが、乳酸菌が入っているサプリメントです。

整えられた腸内環境は重要だとわかってはいても、ヨーグルト・乳酸菌飲料などは口にしたくないという人も多いです。

後、毎日乳酸菌が入った食べ物をとるのは大変苦労します。

乳酸菌が入ったサプリなら、気軽に確実に吸収することができますので、便秘がよくなります。

実際、便秘になっても、薬を飲むことで簡単に、解決できると思いますが、薬にばかりに頼ってしまうのはよくないので、食生活を見直してみてください。

実際、食物繊維が豊富に含まれた食べ物を摂取すると効果的で、不溶性と水溶性の2種類の食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。

後、野菜やきのこ類、海草類をどんどん食べましょう。

私にとっては乳酸菌サプリメントといえば、真っ先に頭に浮かぶのはビオフェルミンです。

小さい頃から売られていたサプリであり、下痢や便秘や腹痛のときにも、変わることなく私のお腹をしっかりと守ってくれていたのでした。

CMでは「人には人の乳酸菌」と伝えていますが、効果を実感できる乳酸菌サプリは、やはりビオフェルミンなのです。

元来、乳酸菌が身体に優しいことはわりと知られた事実ですが、一方で効き目のない説もあります。

これについても本当かどうかなんてわかりません。

どうしてかというと、体質には個人差があるほか、あくまでも乳酸菌は菌であって、効き目が出る薬ではないからです。

自分に合うかどうか、便秘のオリゴ糖の体験談で確認してから考えましょう。